科学的なことを想う > 人間 > たまたま、脳のイメージ創造力を体験しました。

たまたま、脳のイメージ創造力を体験しました。

Pocket

錯視 と 錯聴 を体感できるサイトがあります。

直リンク  http://www.kecl.ntt.co.jp/IllusionForum/

リンク先では、たくさんの例が紹介されているので、おもしろいです。

 

錯視と錯聴を1つずつピックアップします。

■「ない物」が見える

http://www.kecl.ntt.co.jp/IllusionForum/v/kanizsasTriangle/ja/index.html

 

■「しない音」が聞こえる

http://www.kecl.ntt.co.jp/IllusionForum/a/maskingPotentialRule_levelRelationship/ja/index.html

 

リンク先のサイトで遊んでいると、

私たちは、「感覚器官によって把握したことに、脳が記憶などによって補ったもの」を、『現実』だと思っている

ということが実感できると思います。

 

リンク先のような特殊な環境を作らなくても、普通の生活の中でも、この錯視を実感することがありましたのでご紹介します。

スポンサード リンク

関係するのは、次の2つ。

1つは、ガラスコップ。

0004

もう一つは、塗り薬を入れるプラスチックの容器です。

0005

並べると、ガラスコップの底とプラスチックの容器は、同じくらいの大きさの円だと分かると思います。

0008

 

ある日、夜中に目が覚めて、薄暗い台所に行ったときのことです。

0009

コンロの横に、ガラスコップがあったので、手に取ろうとしました。

ところが、手に取れません。

あれ?っと思って、手探りで、そのあたりを触ってみると、プラスチック容器だと分かりました。

0006

その容器を手に取って、「円の大きさが同じくらいだから、見間違えたんだな・・・」と思い、また、もとあったところに戻しました。

 

すると、面白いことが起こりました。(私の、頭の中で・・・)

プラスチック容器を眺めると、再び、ガラスコップの映像が、うっすらと浮かび上がってきたのです。
0007

見間違いではありません。

頭では、「そこにあるのはプラスチック容器で、ガラスコップではない」と分かっているのですから!

 

「これは、プラスチック容器なのにな・・」と思いながら、 どれだけ凝視しても、ガラスコップの映像は消えることなく、うっすらと浮かび上がったままなのです。

 

この体験は、人間が知覚している現実は、「脳が、色々な情報から自動的に視覚による情報を補って作り出したイメージである」ということを裏付ける例だと思います。

 

普段は、プラスチック容器を台所に置くことはありません。

居間の机か、薬を入れるカゴの中にあります。

その日に限って、たまたま、台所にあったのです。

我が家の台所には、プラスチック容器くらいの円の形を持つものは、ガラスコップくらいしかありません。

このあたりのことが脳に刻み込まれていたので、薄暗いところ(視覚情報の少ないところ)では、脳は、非言語思考によって、ガラスコップの映像を作り上げてしまったのだと考えています。

※ 非言語思考については、「無意識」と「非言語思考」と「進化」に関する妄想 をご参照下さい。

 

こう考えると、私たちが見ている現実には、脳が勝手に作り出したイメージが大なり小なり含まれている可能性は、否定できないと思います。

また、逆に、「見えているものを、見えていないことにしてしまっている」ということもあるかもしれませんね・・・。

 

ちなみに、この現象は、「心の解釈」の第5部、第6部で説明したことを裏付ける現象の一つでもあると思います。

※マニアックな内容なので、たぶん、かなり難しいと思います。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です