「意識」の属性 について

Pocket

前回の投稿「オカルトについて」のことをぼんやり考えていて、一つ、面白いポイントを思いつきました。

とても変な話ですが、発想としては面白いと思いますので、暇つぶしに読んでみてください。

 

現代において

  • 「意識は、どこに属すの?」

と問うと、普通は、

  • もちろん、個人の肉体だよ

とか、

  • 脳が意識を作っているんだよ

といった答えが返ってくると思います。

 

前回の投稿では、たしか、

  • 現代の科学では理解出来ない世界が存在する可能性も踏まえると、「意識の属性」は、次の4つの想定ができる

といったことを書いたと思います。

  1. 個人の肉体に属する
  2. 地球に属する
  3. 宇宙に属する
  4. 宇宙をも包括する次元に存在する
スポンサード リンク

ここで、光速えて宇宙旅行ができる世界を想像してみてください

例えば、一瞬で、100億光年先の世界に移動する技術のある世界です。

 

もし、移動した先で、人の意識があるとしたら、「意識は地球には属していない」と理解することができます。

(この段階では、まだ、「個人に属している」/「宇宙に属している」/「宇宙をも包括する次元に属している」のいずれに当たるのかの区別はできません。)

 

逆に、「意識が地球に属している」としたら、移動した先で、人は、恐らく昏睡状態に陥っていることでしょう。

ただ、アポロ計画によって人類に送り込めたことを考えると、「意識地球には属していない」と断定しても良さそうな気もします。

ですが、断言するには、距離的にはちょっと中途半端な感じがしています。

 

SFの世界では火星に移住するなんて夢のある発想もありますし、近い将来、それが実現しそうな予感もあります。

 

でも、仮に、意識地球に属しているとしたら・・・

  • 地球を離れてある領域の外に出た時、意識肉体切り離され人は昏睡状態になってしまうから、人類は火星にはいけない

なんて現実に直面する可能性は、ゼロではないような・・・気がします。

 

どうです?

ちょっと、おもしろい発想だったでしょ!?

 

こんなヨタ話でも、読むと、「とりあえず地球は大事に大事にしておいた方が良さそうだな・・・」なんて気がしてきませんか?

 

Pocket

Comments

  1. このトピックスからは、ズレてしまうのですが、ご容赦下さいませ。
    ある人の考えなのですが、この宇宙というのは、鉄・Feに収束するように縮小膨張活動をしていると言っても良いと、しています。
    ビッグバンも大過去に何回か在ったかも知れないけれど、物質の中で一番安定をしているのは、鉄であり、また、鉄はどんな条件を与えても核融合反応もしないと言っております。
    貴下が、考えますに、鉄は物質の中で最も安定した元素と考えて宜しいのでしょうか。
    鉄は、やはり核融合を起こさないとしたものでしょうか。
    勝手を言って申し訳ありません。
    もし、おわかりになるようであれば、で、結構でございます。
    また、このトピ・意識の属性についても、私なりに考えてみます。

  2. ゴルゴ56さんへ
    ちょっとよくわからないのですが、核融合や核分裂を想定すると、『鉄』が安定しているという話は、私も聞いたことがあるような気がします。

    私は『陽子崩壊』という考え方が気に入っています。

    10の32乗秒分の1の確率で、陽子(物質)が崩壊して、エネルギーに変わるという考え方だったと思います。
    逆に言うと、10の32乗秒後には、物質は無くなってしまうということです。
    それを考えると、「全ての物質は不安定」ということができるように思います。

  3. 陽子崩壊。
    なるほど、ですね。
    聞いたことがございました。
    早速、やさしく解説した本でも見つけて、
    文系頭で考えてみます。
    ありがとうございました。

  4. 真偽はわかりませんが・・・。
    『人類は月には行っていない(行けない)』という説もあるようです。

    バンアレン帯のくだりはちょっと説得力を感じたりします。

    そう考えると、人の意識が地球に属しているという説も、まだ、捨てきれないような気がします。

    ただ、月には、月と地球の距離を測るためにレーザー光線の反射板が設置されているという事実(?)もあるよな・・・。

    世の中の情報が事実だけではないとしたら、正しく科学的妄想をするのは困難ですね(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です