【広告】
オキシトシンラブ(OxytocinLove)
今、話題のオキシトシン。男女関係に限らず、人間関係を円滑にするといわれています。
科学的なことを想う > 科学的妄想 > ビッグ・バン(Big Bang)

ビッグ・バン(Big Bang)

Pocket

自分の頭の中の妄想を書き始める前に、まず、一般的な情報を集めてみようかと、妄想に関わるいくつかのキーワードのうち、手始めに『ビッグ・バン(Big Bang)』を調べてみようと思った。

WikiPediaには、次のように書き始められ、いろいろと詳しい説明が掲載されている。

スポンサード リンク

ビッグ・バン(Big Bang)
ビッグバン (Big Bang) は、宇宙の成立に関する仮説(理論)のひとつである「ビッグバン理論」(ビッグバン仮説)において想定されている、宇宙の最初期の状態、とてつもなく高い密度と温度の状態のこと。あるいはその状態からの膨張(一種の爆発)のこと。ビッグバンは約137億年前にあったとされている。

物理学者ではない私には、非常に難解だ、というか、読む気がしない。

しかし、これを何となくでも理解しなければ、私の妄想が、妄想なのか、一般的に言われているごく普通のことなのかを区別することが出来ない。

ちょっと、今日は、気分が乗らないので、日を改めて、WikiPedia『ビッグ・バン(Big Bang)』の項目の理解に取り組むことにして、この辺でやめることにする。

たどり着きたい結論だけ、先に間単に書くと、

  • 『ビッグ・バン(Big Bang)』というネーミングが誤解を招く

果たして、現状の学問ではどのような理解なのかが分かっていない私が、そんなことを説得力を持って書けるのだろうか?

大いに不安だが、趣味の一環として、ボチボチ勉強もしながら、書き綴っていきたいと思う。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です