ワームホールの存在を検証する方法に関する記事

Pocket

asahi.com(朝日新聞社):ワープって出来る?「時空の抜け道」名大教授が検証法 – サイエンス

SF小説でおなじみのタイムトラベルや、離れた場所に瞬間移動するワープ航法につながるとされる時空の抜け道「ワームホール」が、実在するか検証する方法を、名古屋大学太陽地球環境研究所の阿部文雄准教授(宇宙物理)が編み出した。米科学誌に論文が掲載された。

また、記事では、その原理を次のように紹介している。

スポンサード リンク

地球から離れた星の手前を、別の天体が横切る際、その天体の質量の影響で星の光がゆがんで進むことにより、地球から見た星の明るさが一時的に強まる現象「重力マイクロレンズ」に着目した。この場合、天体が離れれば光は元に戻る。

一方、質量はないが、天体と同様に周辺の時空をゆがめるとされるワームホールについて計算したところ、同じ状況では、星の光は波のように弱まったり、強まったりする特徴があることがわかった。

記事では「同じ状況では、星の光は波のように弱まったり、強まったりする特徴があることがわかった」というように「わかった」いう言葉を用いているが、正しくは、「同じ状況では、星の光は波のように弱まったり、強まったりする特徴があると予測された」ということなのだろう。

そして、それを、観測結果を分析することで、裏付ける試みを2年以内に完了させるということだ。

この記事で、

  • ワームホール
  • 重力マイクロレンズ

という2つの新しい言葉を得た。

また、今度、ゆっくり調べてみようと思う。

私の宇宙に関する妄想が、再び広がり始めるかもしれない!

記事の内容に対して思うことは、もう少し調べて、何か思ったら、その時に・・・。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です