観察(1)

Pocket

はじめ、蟻の行列は、3センチメートルほどの幅があり、圧迫感がありました。

そこで、行列の幅を狭くできれば、圧迫感を取り除くことが出来るのではないかと考えました。

行列の横の広がりを、立ての広がりに変換できないかと、下図のように、行列の中につまようじを立ててみました。

行列の蟻の中には、数は多くはありませんが、「迷い蟻」と私が呼んでいるものが存在します。

つまようじを立てる前は、「迷い蟻」は、行列から外れて、単独で気ままに行動しているように観察されました。

行列の中にも、「迷い蟻」に近い位置づけの蟻がいたようで、それほど多くありませんが、行列の中の一部の蟻は、つまようじを上り、そして、降りるという行動をしました。

やがて、多くの蟻が、つまようじを上り、そして、降りるという経路をたどるようになりました。

行列の横の広がりを、立ての広がりに変換しようとする私の目論見は、一時的に達成されました。

しかし、やがて、つまようじを上る蟻の数は減少し、やがて、一部の「迷い蟻」を除いては、ほとんどの蟻は、つまようじには見向きもしなくなりました。

そこで、つまようじの先端にエサを付けてみれば、行列の蟻を、つまようじの上へと誘導できるのではないかと考えました。

そのとき使ったのは、ゼリービーンズです。

すると、目論見通り、多くの蟻が、つまようじの上に上るようになりました。

ゼリービーンズは次第に小さくなっていきました。

ゼリービーンズ が残っているところでは、相変わらず蟻は上っていきます。

ゼリービーンズ が無くなったところでは、ほとんど上っていかなくなります。

a のゼリービーンズがなくなると、aのつまようじに上る蟻も、下図のように、ほとんどいなくなりました。(一部の「迷い蟻」を除いては・・・)

次に、aのつまようじの先端にだけ、ゼリービーンズを付けてみました。

すると、やがて、a に多くの蟻が上るようになりました。

ここで面白いのは、

  • に上る蟻が増えるにつれて、下図のように、 に上る蟻の割合も増えた

ということです。

これは、とても、不思議な現象だと思いました。

これは、行動フェロモンによって説明することは難しいと思います。

しかし、「蟻が記憶を共有している」と考えてみると、うまく説明できます。

このとき、蟻に、何が起こっているのか?

それは、人間の行動を指す言葉で表現すると、

  • 早とちり
  • 勘違い
  • 曖昧な記憶をもとにしても、目的を達成するための行動を起こすのは難しい

ということになると思います。

  • 「面白いイベントがある」と人から聞いて、その場所に行ってみたら、誰もいなかった。そして、そこから隣のビルを見ると、人だかりが出来ていた。

どうです?

行動フェロモンによる説明よりも、説得力があると思いませんか?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です