科学的なことを想う > 「蟻の行動」の新解釈

「蟻の行動」の新解釈

Pocket

20年程前のことです。

私が、夜、仕事から家に帰ってきたら、部屋の中に蟻の行列が、発生していました。

蟻の名前は分かりませんが、少しっぽい小型でした。

家の中に、蟻の行列があるというは、鬱陶しいものです。

でも、次から次へと湧いてくる蟻を、どのように始末すれば良いのかも分かりません。

結果的に、約1週間、仕事から帰宅した後は、蟻を観察するという生活を繰り返すことになりました。

その蟻の観察のことを、紹介します。

一般的に、蟻の行列を作る行動は、行動フェロモンという考え方で説明されているようです。

しかし、私の観察した蟻の行動は、行動フェロモンによる考え方では、うまく説明できません。

まず、初めに、観察から得られた結論を書きます。

  • 蟻は、個体を越えて、記憶を伝達することができる
  • 記憶の伝達は、「頭部を接触させる行動」によって行っている
  • 出合った2匹の蟻は、お互いの記憶を伝達しあうことで、記憶がマージされる
  • この記憶の交換は、主に、往路の蟻と復路の蟻の間で行われる
  • 記憶のマージが、多くの蟻の間で、際限なく繰り返される
  • この記憶の伝達は、「目的地に早く行き、巣に早く帰る」という効率よりも優先される
    (頭部をすり合わせた後、一歩進んだところで別の蟻と遭遇すれば、先に進むことよりも、その蟻と頭部をすりあわせる行動の方を優先する)
  • その結果、同じ巣で生活する蟻は、「概ね同じ記憶を持つ」という状態を生じ、また、その状態は維持される
  • 似通った記憶を持つ個体は、同じような行動をする
  • 人は、「同様の行動をする蟻」の集団を見たとき、それを「蟻の行列」であると認識する

色々な観察をしたのですが、かなり過去のことのなので、細かなことは覚えていません。

それらの観察の中から、2つの観察について、覚えているポイントを説明します。

説明では、次のような図を使います。

蟻の巣は、図の右側の延長線上にあるようでした。

右に進む蟻は青い矢印、左に進む蟻は赤い矢印

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です