超伝導体と磁力(2)

Pocket

一般的に、超電導状態の物質が浮遊する状態は、下図右のような図を用いて説明されるようです。

上の動画を、磁界を含めた図にすると、下図右側のような形になります。


図(左)のように書くと、安定して浮遊するのも納得できそうなのですが、図(右)はなんとも不安定で、弾き飛ばされないのが不思議に思えます。

また、一般的には、「超伝導体は磁力を通さない」という解釈のようなのですが、私の空間に関する妄想を当てはめると、

磁力物体は、相互に影響し合う関係で

  • 磁界物質通過する
  • 磁界物質吸収される

という2パターンは考えられますが、排除される(通過もできず、吸収もされない)というのは、ちょっと当てはまりません。

そこで、妄想を、さらに深めてみることにします。

次の動画を見てみて下さい。

永久磁石による実験で、超伝導体磁界の中で引き起こすのと似た状態が再現されています。

これを図にすると次のようになるのだろうと思います。


大きな磁界の中に入った磁石が創りだす磁界は、大きな磁界の影響を受けて、閉じた磁界になる

その結果、バランスの取れる位置に固定化される。

ただ、次の動画を見ると、ちょっと、上図のイメージでは違うような・・・


こういうことなのでしょうか。。。?(磁力電流の関係を考えて、もう少し考えると、妄想も、もう少し膨らみそうなのですが、今は、面倒なので省略します。)

動画の実験では、芯棒を使っていますが、芯棒なしでも再現しそうな気がします。

次の動画は、そういうことでしょうか・・・

まぁ、磁力排除しなくても、磁界の中で、物質浮くということです。

また、次の動画を見ても、「超伝導体の磁界での浮上現象」の一般的な解説は当てはまらないように思えます。

磁石が横向きになっている、つまり、超伝導体に対して磁界平行なはずなのに、磁石が浮遊しているからです。

で、妄想の結論を図示すると、下図のようになります。


  • 磁力を受けた超電導状態物質は、その反作用として、反対向き磁界を作る。
  • 超伝導体内で反作用を引き起こす振動は、磁界の影響を受けて、即座に反応する。
  • その結果、超電導状態の物質上で、磁石の向きが変わっても、超伝導体に対する、磁石相対的な位置は、固定化された状態に保たれる。

ちなみに、静止しているように見えても、磁界はすごい速さで振動しているのでしょうね・・・

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です