【広告】
オキシトシンラブ(OxytocinLove)
今、話題のオキシトシン。男女関係に限らず、人間関係を円滑にするといわれています。
科学的なことを想う

非言語思考のアウトプットとダウジング

先日、ドラマ「ガリレオ」の第二話で、「ダウジング」が取り上げられていました。

それを見ながら、ふと、

「ダウジングも、非言語思考が引き起こす現象だと理解できるのではないか?!」

と思いました。

 

それに関連したこと(前の投稿 『「無意識」と「非言語思考」と「進化」に関する妄想』 にも関連しています。)を、書きます。

(さらに…)

「無意識」と「非言語思考」と「進化」に関する妄想

次の図は、「意識」というものを説明するときに、よく用いられる図です。

sc_0010

そして、意識は、おおよそ次のように説明されます。

私たちの「意識」は、図のような構造をしている意識全体の「氷山の一角」に過ぎず、

意識の本体となる部分のほとんどは、無意識から成り立っている

 

私も長い間、そのように思っていたのですが、

最近発行した電子書籍『心の解釈』を書いているうちに、ちょっと違うイメージを持つようになりました。

bookinfo_kaisyaku001

 「心の解釈」(全3巻)

 

私が持った「意識のイメージ」は、上のピラミッド型のようにシンプルではないのですが、次図のようになります。

ポイントは、思考には、言語思考非言語思考の2種類があるということです。

(思考の詳細は、『心の解釈(第3巻) 催眠状態から理解した心』で説明しています。)

(さらに…)

太陽の活動が、今度の極大期を過ぎて極小期になると・・・

今日は、録画してそのままにしていたNHKスペシャル「宇宙の渚」の第1集と第2集を見ました。

(番組紹介ページ:http://www.nhk.or.jp/space/nagisa/

第2集では、太陽の活動のことも説明していました。

 

【要点】

  • 通常、太陽活動11年周期で、極大期・極小期を繰り返す
  • ところが、今回の周期は13年
  • 歴史を振り返ると、周期が11年から13年に変わった時、次の極小期を迎えると、しばらくの間、極大期に向かうサイクルがなくなり極小期が継続する傾向がある
  • 1600年代には、周期が13年に変わった後の極小期は、約70年続いた
  • この太陽の11年周期が消失し、極小期が何年も続く状態の時、地球の気温が冷え込む
  • これらから、次回の極大日以降の太陽活動がどうなるかが注目されている

 

さらに、地球の気温が冷え込む原因を次のように説明していました。

 

【要点】

  • 太陽活動活発なときは、地球にできる磁気のバリアは強い
  • 太陽風によって運ばれてくる粒子は、うまく処理されオーロラとなる
  • このとき、地球の強いバリアは、銀河宇宙線を地球に入り込ませないように働く
  • ところが、太陽風弱まると、地球にできる磁気のバリアは弱くなる
  • それに伴って、銀河宇宙線も地球の大気に入り込むようになる
  • その結果、銀河宇宙線大気反応して、雲ができやすくなり、地球の気温低下する

 

で、今回書きたいことは、電流と磁力のところでも書いたのですが・・・

  • 「地磁気は、なぜ生じるのか?」

ということです。

(さらに…)

ニュートリノ「光より速い」撤回へ

特に、コメントはありませんが、一応記録として・・・

2012年6月2日09時10分 読売新聞

素粒子のニュートリノが進む速度について、名古屋大などの国際研究グループ「OPERA」は、昨年発表した「光より速い」との実験結果を修正する方針を決めた。

指摘されていた実験の不備を解消したうえで先月、再実験し、ニュートリノと光の速さに明確な差は出なかったという。事実上の撤回で、3日から京都市で開かれるニュートリノ・宇宙物理国際会議で報告する。

ニュートリノ「光より速い」撤回へ : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

ちょっと、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のことを思い出しながら・・・

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は、現在、3部作として残っています。

2作目か3作目かは覚えていないのですが、未来からタイムマシンに乗って現在に戻ってきた博士が、タイムマシンの燃料補給として、ゴミ箱から生ゴミとか空き缶などをエンジンに放り込むシーンがあったと記憶しています。

「科学技術が発達すれば、将来は、この映画のように、ゴミを燃料に変えて走る自動車が作られるようになるのかもしれないな・・・」と、ちょっとワクワクした気持ちになったのを覚えています。

 

最近、ロボットのことをぼんやり考えていて、そのシーンのことを思い出しました。

 

そして、

  • 将来、人類は、生ゴミなどをエネルギーに変えて動くロボットなんてものも作ってしまうんだろうな・・・。
  • そして、その科学的な探索は、究極としては、生き物と同じものを作るところまで続くのだろうな・・・。

なんてことを、思いました。

 

で、ふと、気づきました。

それって、今、既にあるんじゃないの?

(さらに…)