科学的なことを想う > トピックス > 「数十億光年を隔てて位置するクエーサー93個の自転軸の向きが揃っている」ということは!?

「数十億光年を隔てて位置するクエーサー93個の自転軸の向きが揃っている」ということは!?

Pocket

少し古い情報なのですが、2014年11月21日にAstroArtsに次のようなニュースが掲載されていました。

ベルギー・リエージュ大学のDamien Hutsemékersさんらが南米チリの超大型望遠鏡「VLT」を用いて行った観測研究から、数十億光年を隔てて位置するクエーサー93個の自転軸の向きが揃っていることがわかった。
銀河中心ブラックホールの自転軸、宇宙の巨大網に沿う傾向 | AstroArts より

スポンサード リンク

もとの情報は、http://www.eso.org/public/news/eso1438/ のようです。

 

次の画像は、その様子を表しているということのようなのですが・・・

0012 http://www.eso.org/public/images/eso1438a/ より)

「近くのクエーサーの自転軸は、似た傾きなのかな・・・?」と何となく感じるのですが・・・

 

でも、どこをどう見れば、

93個のクエーサーの自転軸の向きが揃っているといえるのか、

イマイチ分かりませんでした。

 

ただ、情報の「自転軸の向きが揃っている」という言葉だけとれば、

 

前回の投稿 「 銀河や宇宙の始まりに関する妄想 」での「宇宙全体が回転している」

つまり、「宇宙が自転している」

 

という妄想は、更に、おもしろ味を増してきます。

 

だとしたら、また、新しい妄想が浮かびました。

 

「楕円銀河」は、宇宙の自転の影響を受けて、やがて、渦を巻き始める。

 

どうです?

 

ちょっと、おもしろいでしょ!?

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です